Real Fur Remodel Bag01


 

ステナブルって無駄を減らそう、ゴミを減らそう、プラスチックを減らそう、雇用問題や児童労働を何とかしようとかっていっぱい色んな問題があるんだけど、結局11人のマインドが変わらない限り解決には向かわなくて。

でもそんな難しく考えなくても、例えば今日一日誰かに優しくいようとか、今日出会った人を笑かしてみようとか何でも良いんだけど、あの人にまた会いたいなって思うことの底に継続する意味を持てたらそれで良いんだと思うんです。

本当サステナブルってそういうすごく小さなことから作られていく。

でね、私はインディアンでもなく、ただ聞いただけの話なんですけど、インディアンとかモンゴルの人って動物を殺したら、その中身をいただいて、外見は全部自分達の身に着けたり、皮には工夫を施してそれを狩猟に使ったり、本当いただいた命の全てを余すことなく使うって考え方らしいんですね。

で、現状世界はどうなのかって言われたら、私達がファッションで消費する動物と、食用で消費する動物は全く別で。
片方は外見だけを必要とされて中身は全て捨てられる、他方は中身だけ必要とされて外見は全て捨てられる。
でもこの
2つをポンって一緒にできたなら地球上にある二酸化炭素が半減するって言われてるんです。

それにこれは今のファッション業界や大手のブランドさんに対して疑問を抱いていることでもありますが、私は美しいものの定義が違うと思ってるんですね。
というのも今の大手のブランドは野生の動物の皮で傷がついてると、そんな皮は量産ができないって言って捨てるんです。

でも人は泣いたら泣いただけ、失敗したら失敗しただけ美しくなれるって色んなところで耳にしたり大人が言いますよね?
じゃぁ野生の動物は傷ついて失敗したらそれは汚いものとして扱われるんですか?

それはおかしなことだなぁって思っていて、「傷がついていないものが美しい」なんて概念をファッションを通して表してしまってるから、いつまで経っ
ても地球上に幼児虐待みたいなものもなくならないんだと私は思うんです。

だからいつか人間が傷ついたものを美しいって言える動物になれたらななんて願いも込めて、PMDで作ったんですね。